Show Detail

STRACT CASE 7

花火が見える家

花火が見える家

岡山の郊外にある長閑な田園風景の中に立つ、平屋の建物です。
東に流れる河川敷で毎年花火が上がり、その美しい花火を鑑賞するために、和室の東に窓を設けました。
庭の好きなお施主様で、年間を通して庭を楽しめる大開口を居間の南に設けています。

外観

食堂からキッチン

テーブル

浴室(早朝は景色を見ながらゆっくりと)

和室から居間を望む

キッチン裏収納

LDK

玄関

足守の家

MORE

御津の家

MORE

カサトレス

MORE

ひしお

MORE

真庭の家

MORE

MORE

花火の見える家

MORE

夕日が見える家

MORE

丘の上に建つ家

MORE